久世祭りとは

久世祭りは、岡山県真庭市久世地区で毎年10月25日・26日に行われます。

五つの神社の御神輿と10社のだんじりが旧出雲街道を練り歩く「五社御祭礼」と、夜、だんじり同士が激しくぶつかり合う「だんじり喧嘩」は、宿場町と牛市で栄え賑やかだった頃が蘇ります。

宵祭り

10月24日午後6時頃から7時頃にかけて、JR久世駅に10社のだんじりが集まります。国鉄時代よりこの時間の上下線列車が久世駅ですれ違い、祭りの帰省客が多かったことで、各だんじりがお迎えに行きます。

久世駅に揃うだんじり

五社御祭礼

10月25日午後3時、久世地区上町に参集した五社の御神輿は旧出雲街道を東へと練り歩きを始めます。五社の御神輿の後ろに供奉だんじりとして10社のだんじりが半鐘と太鼓の囃子を奏でながら付き添います。

だんじりに乗る青年は、化粧をして長襦袢姿でだんじりの宮の笹を手に「笹喧嘩」を繰り広げます。笹喧嘩は、氏神に楽しんで頂くためのもので、宿場町として栄え芸者が多かった頃は、売れっ子芸者の長襦袢を着て粋に笹喧嘩をすることが久世だんじり男のステータスでした。

各だんじりは前と後ろを重ねるぐらいに寄せ、子供達はだんじりのロープを持って引っ張り、だんじりに乗る青年を見て育ちます。

五社御祭礼で天神橋を渡るだんじり

五社御祭礼の締め括りは「五社祝詞」。旧出雲街道を真庭市市役所前まで練り歩いた五社の御神輿は、国の指定重要文化財である旧遷喬尋常小学校に集まります。この頃には陽が沈みかけ、古式に則り厳粛に執り行われます。

だんじりは、夜の「だんじり喧嘩」に備えるため、それまでの囃子から喧嘩囃子に変わり、各町内へと岐路を急ぎます。

「五社祝詞」

26日は、だんじりのみの「だんじり御祭礼」で、JR久世駅前から駅通り、栄町、東町を経由して、午後3時頃、「喧嘩場」にて次世代を担う子供達(小学生)による「菓子撒き」が行われます。

26日子供達の菓子撒きで喧嘩場に揃うだんじり

俄留

「俄」は、「仁輪加」ともいい、江戸時代に流行った即興で演じる狂言や踊りのことで、「俄留(にわかどめ)」とはこれを断るという意味であり、戸ごとに門付が来ることをお断りするための表示です。

現在では、各町家から頂いた寄付・花のお礼として各だんじりが玄関に貼ります。また、宵祭りの夜半に貼るものとされ、各だんじりはこの伝統を守り続けています。

「俄留」